台湾における米穀流通の研究

台湾における米穀流通の研究

Add: ujyveweg2 - Date: 2020-12-15 04:16:16 - Views: 1988 - Clicks: 8686

10 Description: 167p ; 22cm Authors: 郭, 明仁 Catalog. 研究代表者:安部 淳, 研究期間 (年度):1999 –, 研究種目:基盤研究(b), 応募区分:海外学術, 研究分野:農業経済学 KAKEN — 研究課題をさがす | 中国・韓国における米穀の流通と管理制度の比較研究 (KAKENHI-PROJECT. Amazonでの台湾における米穀流通の研究。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも. 台湾における米穀流通の研究 : 米肥バーター制度を中心に 資料種別: 図書 責任表示: 郭明仁著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 成文堂, 1979. 台湾における米穀流通の研究 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

台湾における清代米穀流通史研究の現況 (松田吉郎教授 還暦記念号) -- (松田吉郎教授 還暦記念寄稿) 堤 和幸 東洋史訪 (17), 149-153,. 1、 植民地時代前半における土木行政 2、 土木局における技師一覧 3、 土木技師の出処進退 おわりにかえて 問題の所在 植民地時代台湾経済において、台湾総督府(以 下、総督府と略)の 役割は良しにつけ悪しきに つけ多大なものがあった。. ①米:香港、台湾、シンガポール、中華人民共和国、ロシア ②加工米飯:カナダ、アメリカ合衆国 注:重点国・地域は、平成20年の輸出額の降順(大→小)を優先し、輸出解禁を要請中の場合等は「貿易統計」に掲載されている「国名符号」の昇順(小→大. 台湾における米穀流通の研究 : 米肥バーター制度を中心に フォーマット: 図書 責任表示: 郭明仁著 出版情報: 東京 : 成文堂, 1979. 台湾における米穀流通の研究 : 米肥バーター制度を中心に Format: Book Responsibility: 郭明仁著 Published: 東京 : 成文堂, 1979. 10 形態: 10, 469, 10p ; 22cm. 台湾における米穀流通の研究 : 米肥バーター制度を中心に.

11501/2505077 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book. 本報告は、流通科学研究室の共同調査として、台湾における農産物流通に関して2つの団体(福爾摩沙物 國際股 有限公司/Formosa grower international(以下、フォルモサ社)、埔里鎮農會/Puli Farmer&39;s Association)を訪問し、それらの近年の取り組みを探索的に調査した結果を報告するものである。. 台湾における米穀流通の研究―米肥バーター制度を中心に (1979年) 価格: 《新品アクセサリ》sony フィッシュアイコンバーター vcl-ecf1 価格:12,800 円 audi tt 8j ま、街乗りの様子 街乗りしてきました。 defi のアドバンスつけたので、動きの感じとか撮ってみた。. 「台湾の物産・金融について、堤和幸は米穀流通と籾摺り業者の土壟間の活動を述べ(第1章)、新福大健は砂糖生産に関連して糖業連合会の活動を述べ(第2章)、池原一磨は品種改良の視点から台湾糖業を述べ(第3章)、浜野勇貴はバナナ産業の推移を. 所属 (現在):兵庫教育大学,学校教育研究科,名誉教授, 研究分野:東洋史,人文・社会系,日本史,経済政策,日本史, キーワード:治水,水利技術,植民地,寧波,水利開発,環境,水の娯楽,比較水利,水利と廟,龍舟, 研究課題数:6, 研究成果数:71. 10 形態: 167p ; 22cm 著者名: 郭, 明仁 書誌ID: BN03903227. 流通とは、生産者から消費者に商品を届けるまでの輸送、保管、商取引といった一連の営為のことをいいます。 端的にいえば生産と消費を結びつける活動のことであり、この活動を担うのが流通業者になります。. 米穀流通組織の研究 資料種別: 図書 責任表示: 鈴木直二著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 柏書房, 1965.

開催場所 【Aコース】「韓国・台湾・香港」編 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※ 台湾を対象地域に調査研究を実施する。対象都市におけるコメの流通に対して、取引価格を中心とした 流通実態についての調査報告を行う。ただし、市域全体の調査を実施するのではなく、主要ルートに限定 する。 主要項目 内容 入手/ヒアリング. 華南地域社会 / 米穀需給・流通 / 開発 / 移民 / 鄭氏 / 倭寇 / 商人 / 官僚: 研究概要: 本年度は特に広東広州・潮洲における生産・流通・土地所有構造及び華南における米穀需給・流通構造に関する論文の作成をめざし、研究情報、研究資料を収集し、分析した。. 本研究は、部分管理と市場原理導入のもとにおける米穀流通構造の実態や管理制度の運営につ いての国際比較を行うことで、今後起こりうる全面自由化に向けた東アジアにおける米穀流通 構造の変化の方向とあり方を探ろうとするものである。. ろうか。本論は上記の課題に答える手始めとして、台湾における米穀の生産量・流通量を検討し、 それを踏まえて、台湾人の主食であった在来米について台湾総督府はどのような手を加えていっ たのかを考えたい。 1. 台湾における古筆資料の所在調査と研究 / 久保木秀夫 著: 部分タイトル: 日本植民地時代台湾の米穀生産と流通 / 山田敦 著: 部分タイトル: 1910年代台湾の地方農政 / 山田敦 著: 部分タイトル: 日本統治期台湾の人類学・民族学 / 中生勝美 著: 部分タイトル. タイワン ニ オケル ベイコク リュウツウ ノ ケンキュウ : ベイヒ バーター セイド オ チュウシン ニ. 1936(昭和11)年よりロンドンに駐在官をおき、欧州における米穀に関する事項を調査した。 1937(昭和12)年の日中戦争勃発以降、米不足が深刻化したため、1939(昭和14)年4月、「米穀配給統制法」を制定し、国家統制で市場を操作し、流通機構の改革を. 【Aコース】「韓国・台湾・香港」編 年2月4日(木) 13:30~15:45 【Bコース】「中国」編 年2月18日(木) 13:30~15:45.

当然、研究の進展に伴って新たな課題も提起されてきたが、重要なことは1990 年代半ばまでの台湾米をめぐる研究が主に需米地である福建側から見た考察となっていた ことである。従って、港から積み出されるまでの台湾島内における流通状況や流通構造の. Pontaポイント使えます! | 台湾における米穀流通の研究 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 開催場所 【Aコース】「韓国・台湾・香港」編 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※. 業としての茶」の台湾における幕開けの様子に ついて俯瞰的におさえておく必要があると考え ている。 台湾における米穀流通の研究 2.研究の方法 台湾における茶の発展を考えていく前に、前 提として示しておきたいことがある。張宏庸『臺 灣茶藝發展史2』(晨星出版、)によれ. 【tsutaya オンラインショッピング】台湾における米穀流通の研究/ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. タイトル: 清代台湾北部における米穀流通と〔ロウ〕戸: 著者: 堤 和幸: 出版地(国名コード) jp: 出版年(w3cdtf. 台湾におけるコンブの流通及び消費構造に関する研究 董 雅 鳳 (共生農業資源経済学講座・水産資源経営学分野) 目的、課題 台湾ではコンブ(Japanese kelp;Konbu)の生産がないにもかかわらず、国民当たりの消 費量(食用)は世界一であろうと思われる。.

期の台湾における茶産業の概況と,茶文化の発展状態を分析する。その 結果を踏まえて第4節では,茶道具を取り上げて日本の影響のもとでい かに台湾の茶文化が形成されたかを考察する。さらに茶事に現れた思想 面から日本,台湾の共通性を主張する。. Amazonで郭 明仁の台湾における米穀流通の研究―米肥バーター制度を中心に (1979年)。アマゾンならポイント還元本が多数。郭 明仁作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 概要 流通科学研究科 設立の趣旨。流通科学研究科が目指す人材育成について。 カリキュラム 実学系演習科目 講義概要(シラバス) 研究助成 研究科長のごあいさつ 流通科学研究科長 清水 信年 大学院案内(デジタルブック) 教育方針 入学者受入れの方針 教育課程編成・実施の方針 卒業認定.

従来の研究においては、清代台湾の米価と「台運」に関してそれぞれ別個に研究がなされてきたが、本論文では台湾島内の南北の米価差、また台湾と福建省福州府、漳州府、泉州府などの米価差の分析を通じて、19世紀前半の「台運」に変化を齎した各時期. Amazonで郭 明仁の台湾における米穀流通の研究―米肥バーター制度を中心に (1979年)。アマゾンならポイント還元本が多数。郭 明仁作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 1-Su856e 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10. 江戸における米取引の研究 著者 鈴木直二 著 出版者 柏書房 出版年月日 1965 請求記号 672. 米の流通が原則自由化され、多様なルートを通じて、様々な価格で取引されている。 (その1) 資料:農林水産省「生産者の米穀現在高等調査」、「米穀の取引に関する報告徴収」及び全国出荷団体調べ等を基に推計。.

台 湾における米穀の動き 1,島 内生産.

台湾における米穀流通の研究

email: mupigyhu@gmail.com - phone:(409) 900-6446 x 2791

大和の国の王 - ひかわ玲子 - スタジオ ジャパンとっておき

-> 名句を読んで写して楽しくつくる 俳句ワークシート集 - 小山正見
-> 公務員試験受験ジャーナル 特集:地方上級試験の大分析 ・90ー1

台湾における米穀流通の研究 - 明法高校


Sitemap 1

地域再生の新たな担い手と<農>の現場 共生社会システム研究10-1 - 共生社会システム学会 - 仲田正機 企業経営変革の新世紀