新たな観光まちづくりの挑戦 - 観光まちづくり研究会

観光まちづくり研究会 新たな観光まちづくりの挑戦

Add: itykufat96 - Date: 2020-12-16 03:05:12 - Views: 4861 - Clicks: 8428

第2回温泉まちづくり研究会 永年にわたる阿寒湖温泉の観光まちづくりの歩みに学ぶ 講演 夢みる力が「気」をつくる 講演 阿寒dmoの挑戦 ~アドベンチャートラベルの聖地を目指して~ ディスカッション 第3回温泉まちづくり研究会. ; 19 cm 著者名: 日本経済新聞社 書誌ID: BNISBN:. More 新たな観光まちづくりの挑戦 - 観光まちづくり研究会 videos. (2) こんにちの観光の特徴については、以下でわかりやすくまとめられている。 社会経済生産性本部.

7 形態: v, 273p ; 21cm 著者名: 観光まちづくり研究会編集 書誌ID: BAISBN:. 島根県内の観光振興に大きく貢献した団体・個人を顕彰する「第3回松江ツーリズム研究会観光大賞」の表彰式が14日、松江. 16-29,ぎょうせい 2) 白リナ・十代田朗・津々見崇(),「韓国におけるパブリックアートによる観光まちづくり」,観光研究,Vol. 1 図書 地域観光協会『観光まちづくり』実態. 交通まちづくり : 地方都市からの挑戦. レジャー白書 : 余暇需要の変化と「ニューツーリズム」.

新たな観光まちづくりの挑戦 フォーマット: 図書 責任表示: 観光まちづくり研究会編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ぎょうせい,. 観光まちづくり : まち自慢からはじまる地域マネジメント. 観光商業でにぎわう商店街や観光地化するエリアの今後はどうなるのか、新たな挑戦を続ける「谷中」地区の観光と商業の関わりを探ってみた。 1. 慶應義塾大学/自由研究セミナー1班「大地の和歌山「えん」の観光まちづくり」 ・ 慶應義塾大学/yoshi-pon「旅美。真鶴の美に耽る旅」 ・ 慶應義塾大学/行くべ。いばらき。「ー「食・地・人」で繋がるーりんりんフードサイクリング」 ・. 42-58, (別冊環, 15). 図書館と観光が融合することによって、図書館は新たな役割を担うと考えられる。それを図にモデルとして示した。 まずこのモデルについて簡単に説明する。左右でコミュニケーションの主体を区分し、左側に「観光者」、右側に地域住民や行政機関、地場産業などを総称して「地域」を配置する。上下で受発信を区分し、上側に「発信」、下側に「受信」を配置する。 ここで例えば、観光者が図書館において、地域に関する質問をしたりイベントに参加したりする(左上)と、図書館はそうした観光者の行動などを地域に還元することによって、観光者が知りたいと思っている事柄や関心の持たれ方などを地域で共有できる(右下)。それをふまえて、図書館の資料を充実させたり地域情報の発信を図書館経由で進めていけば(右上)、それによって観光者も地域文化をさらに理解しやすくなる(左下)。こうした一連の相互作用の流れ(∞および矢印)を想定したとき、その交点に図書館が配置される。すなわち、図書館は観光者と地域の「媒介役」として、両者の円滑なコミュニケーションの構築に大きな役割を担うことができると考えられるのである(8)。 図書館自身による情報の受発信ももちろん重要であるが、図書館が観光を意識した活動を行うことによって、観光者が「訪問地の図書館に行けば地域の情報が得られる。地域文化を理解できる」と認識するようになり、地域の側も「図書館を通じて観光者に情報を発信しよう。観光者が求めているものを探っていこう」と考えることで、図書館が観光者および地域による受発信の媒介役となる点が重要である。 観光者と地域とを結ぶ接点は、これまでにも例えば観光案内所や宿泊・飲食施設、イベントなどがあったが、それらはともすればビジネス優先指向になったり、観光者向けの「よそゆきモード」になりがちであった(9)。しかし図書館は、地域住民が日常生活の中で利用している施設であり、様々な資料と職員を擁し、また公共機関・社会教育機関として公平性、客観性、信頼性を備えるなど、地域において独自の特性を持っている(10)。こんにちの観光者は情報リテラシーが高く、自ら進んで情報を得ようとする傾向にある。従って、こうした図書館の持つ特性を活かしたポジションに立つことにより、新たな「地域のターミナル(窓口)」として機能することが期待できるのである。 観光やまちづくりを持続可能なもの.

観光あるいは観光者を意識した本格的な取り組みはまだ少ないが、参考になる活動事例としては、地場産品や観光スポットの紹介、観光振興イベントとのタイアップ、ご当地ドラマに関する展示、地域ガイドマップの作成、地域資料の積極的な情報発信などが各地の図書館で行われている。また複数の館が連携して相手の地域を互いに紹介する「交換展示」も行われている。 観光に関連した活動に積極的な図書館としては、「リサーチ・エンジン on 奈良」をWeb上で運営し、地域情報ポータルとして存在感を示している奈良県立図書情報館(12)、交換展示を積極的に行っている高知県立図書館(13)、「コンシェルジュ」コーナーを設けて地域案内も行っている東京都の千代田区立千代田図書館(14)などがある。また群馬県の草津町立図書館は「心の湯治を@あなたの図書館で」をキャッチフレーズに、観光マップを配布したり観光案内所的な役割を担うなどにより観光の場に溶け込んでいる図書館として、特筆すべき存在である(15)。 全国各地で、まちづくりを進める方向性のひとつとして観光振興に注目が集まっており(16)、図書館はまちづくりに欠くことのできない存在であるため、「図書館と観光の融合」というテーマへの関心は、今後高まっていくと思われるが、手探り状態もしばらく続くと予想される。その理由として、①活動の効果が測定しにくい、②参考となる先例が少ない、③行政、観光協会、地場産業など様々な関係者との調整が必要になる、④他地域と連携しにくい場合がある、などがあげられる。各地の取り組みが広く知られるようになり、実施した図書館の経験を共有することができれば、留意すべき点やノウハウなどが明確になっていくと思われるので、活動の実践と併せて、情報交換が活発に行われることも必要であろう。. 年10月30日(金)配信 感染症対策と経済の活性化の両立をはかる「妙高モデル」の確立に挑戦する新潟県妙高市。dmoを構成する組織に「医療機関」が加わり、地域一体で安全・安心な観光まちづくりを実践。. (4) 高山は「日本における文書の保存と管理」において、図書館は暗黙知を形式知に変換する機能を持っていると述べている。これをふまえていえば、地域に関する文献を整理して提供したり、無形な伝統や文化を資料化して蓄積することを「知識や文化の可視化」ととらえることができる。 高山正也. 2 図書 新たな観光まちづくりの挑戦. Bib: BAISBN:. 第3版, 丸善,, p. Amazonで国土交通省総合政策局観光部, 観光まちづくり研究会の新たな観光まちづくりの挑戦。アマゾンならポイント還元本が多数。国土交通省総合政策局観光部, 観光まちづくり研究会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

観光まちづくり研究会. · 岩手県陸前高田市高田地区の津波被災地にできた畑で11月中旬、ツバキの植樹会があった。殺風景な区画整理地に常緑樹が植えられ、市民は紅色. 7 Description: v, 273p ; 21cm Authors: 観光まちづくり研究会編集 Catalog.

観光まちづくり研究会 カンコウ マチズクリ ケンキュウカイ. バトラー編著 ; 大西律子訳. 7 図書 新たな観光まちづくりの挑戦. 本書は、「観光まちづくり」の専門家の方々を中心に、さまざまな分野において識見を有する方々が、「観光まちづくり」をはじめとした観光振興に関するノウハウや考慮すべき点について、さまざまな切り口から書き起こされたものであり、今後、ますます注目されていくであろう、いわば.

観光まちづくり研究会, 国土交通省総合政策局. 新たな観光まちづくりの挑戦: 著者: 国土交通省総合政策局観光部 監修: 著者: 観光まちづくり研究会 編: 著者標目: 国土交通省総合政策局: 著者標目: 観光まちづくり研究会: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: ぎょうせい: 出版年月日等:. 7 形態: v, 273p ; 21cm ISBN:著者名:. 観光まちづくり研究会, 国土交通省総合政策. 予算削減や職員不足など図書館をとりまく環境は厳しいが、それゆえ図書館の役割を既成概念だけでとらえるのではなく、発想を豊かにして図書館の未来を拓いていくことが求められている。 図書館が、人と資料、人と人、人と地域文化が出会い、交流・交感し合う場所であることの意義を改めて考えたとき(17)、「図書館と観光の融合」は様々な発展の可能性を持っているテーマである。 北海道大学観光学高等研究センター:松本秀人(まつもと ひでと) (1) 詳しくは、以下を参照。 松本秀人.

新たな観光まちづくりの挑戦 - 観光まちづくり研究会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. Ⅱ 観光まちづくりの定義とその特徴 国内の観光まちづくりの先行研究をレビュー するため,まず「観光まちづくり」をタイトルや キーワードに含む文献を検索した。その結果, 年1月末現在,66件の図書と253件の論文 が検索された2)。これらの文献を. 1 形態: vii, 129p : 挿図 ; 22cm 著者名: 総合観光学会 書誌ID: BBISBN:. 本研究会の受付は終了いたしました。 多数のお申込みをいただきましてありがとうございました。 本所は、府内の中小事業者を対象に4回シリーズで「デザイン活用研究会」を開催します。. , (CATS叢書, 5).

(3) 図書館を「社会における記憶装置」とする指摘はいくつかの文献でみられるが、例えば『図書館学用語辞典』では、図書館を「通時的に見るならば、記録資料の保存、累積によって世代間を通しての文化の継承、発展に寄与する社会的記憶装置」と説明している。 “図書館”. まちづくり観光と地域文化の創造. 観光まちづくり研究会, 国土交通省総合政策局観光部 ぎょうせい 9 図書 活力と美しい環境を創造し、安全を支える国土づくり・まちづくりへの挑戦. 「地方」の挑戦 : 村おこし・まちづくり全国ルポ フォーマット: 図書 責任表示: 日本経済新聞社編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本経済新聞社, 1983 形態: 214 p. 9 図書 新たな観光まちづくりの挑戦. 観光まちづくりと地域資源活用 資料種別: 図書 責任表示: 総合観光学会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 同文舘出版,. 責任表示: 観光まちづくり研究会編集.

観光まちづくり研究会, 国土交通省総合政策局観光部. 北海道大学観光学高等研究センター,, 160p. Webcat Plus: 新たな観光まちづくりの挑戦, 本書は、「観光まちづくり」の専門家の方々を中心に、さまざまな分野において識見を有する方々が、「観光まちづくり」をはじめとした観光振興に関するノウハウや考慮すべき点について、さまざまな切り口から書き起こされたものであり、今後. ピアス, リチャード w.

1) 西村幸夫(),「まちの個性を活かした観光まちづくり」,観光まちづくり研究会,『新たな観光まちづくりの挑戦』,pp. (5) 柳は『知識の経営と図書館』において、図書館には商品を公共の文化資源にしていくという濾過機能があると述べている。筆者は、この「濾過」の過程において地域性が反映されることに注目する。図書館は資料の収集・選別にあたって、地域にとって必要な資料であるか、地域の歴史や文化を伝えるのに適当か、地域住民の要求に応えられるかなどを常に意識している。従ってたんに商品を文化資源にするだけではなく、ある種の「地域フィルター」というべき濾過作用が. 新たな観光まちづくりの挑戦 観光まちづくり研究会編集 ぎょうせい,.

観光研究の批判的挑戦 フォーマット: 図書 責任表示: ダグラス g. 交通まちづくり研究会, 交通. 新たな観光まちづくりの挑戦 Format: Book Responsibility: 観光まちづくり研究会編集 Language: Japanese Published: 東京 : ぎょうせい,. 新たな観光まちづくりの挑戦 フォーマット: 図書 責任表示: 観光まちづくり研究会編集 出版情報: 東京 : ぎょうせい,. See full list on current. 公益社団法人日本観光振興協会のプレスリリース(年9月18日 14時00分)新潟県妙高市・日本観光振興協会 共同リリース 妙高市が挑戦する.

中貝宗治豊岡市長オンライン特別講義「コウノトリも住めるまちづくり」 ~芸術文化、観光、環境によるまちづくりの挑戦~ 年11月25日 遠藤 隆太 (松井孝治研究会)より. 図書館は、社会における「記憶装置」であり(3)、知識や文化の「可視化装置」であり(4)、情報の収集・選別を行う「濾過装置」である(5)ととらえることができる。こうした特性はこれまでにも指摘されていたが、これを観光との関連性から再考してみると、「図書館は、地域住民の営みを記録し、地域文化や伝統を資料として保存し、信頼できる地域情報を観光者に提供できる機関である」といえる。 訪問地の歴史や文化などについて学ぼうという観光者は増えているし、地域の側も「“住んでよし、訪れてよし”のまちづくり」を、わかりやすく観光者に伝えることを模索している(6)。少子高齢化が進む日本においては、地域内と地域外の交流が地域活性化の鍵を握っている(7)。そこで、地域の情報拠点たる図書館の存在意義を、このように地域外を強く意識した目でみると、「記憶」「可視化」「濾過」という機能が、地域情報の受発信にも欠くことのできない重要な図書館の本質であり、それゆえ観光とも親和性があることに気づくのである。. 1 図書 観光の新た.

では具体的に、図書館のどういう要素が観光と結びつくだろうか。 例えば、地域資料は、地域の歴史、民俗、動植物、偉人、食文化等々、地域情報の宝庫である。観光者にとって貴重な情報源であるし、地域住民が観光振興を進める際の手がかりにもなる。またレファレンスサービスは、観光者の地域に対する疑問を解決したり、地域情報と観光者を結びつける大切な役割をはたす。状況によっては「観光案内」的なサポートを行うこともできる。また、地域文化に関するイベントや企画展は、地域住民のみならず、観光者の関心を集めたり、そこから地域内外の交流をもたらす効果を持っている。とりあえず3点ほどあげてみたが、他にも海外からの旅行者を意識した多文化サービスや様々なツアーと蔵書との連携、情報端末へのデータ配信等々、多くの結びつきが考えられる。 これらの例からわかるように、従来は「地域住民のため」としていた諸要素が、見方を変えることによって、「観光者への効果もある」ということに気づくことがポイントである。これまで行ってきた活動内容を大きく軌道修正するというより、サービス対象を地域住民から観光者へ拡げたり、「観光者からみて、それは地域の理解に役立つか」という視点で見直すことがヒントになる。 また、従来のものだけではなく、「地域と連携して、地域外に情報を発信する」という見地から、これまでにないサービスを創造していく試みがなされてもよいだろう。 なお、ここで留意しなければならないのが、「公共図書館は地域住民への奉仕が本義である」という点と、「公共施設として広く開かれた存在である」という点のバランスである。これは各々の図書館が、地域の状況などをふまえて判断するしかないが、「観光を意識した結果、地域住民の利用を阻害していないか」という観点からチェックを行うことが、ひとつの指針になると考えられる。. 筆者は「図書館と観光の融合」について研究しているが(1)、このテーマはこれまであまり注目されることがなかった。本稿では、今後、議論や実践が活発になることを期待して、研究の概要などを以下に紹介する。 なお、図書館と観光が様々な点で連携したり相互に利活用することを「融合」と表現する。また本稿でいう「図書館」は「公立図書館」のことを示している。 こんにちの日本における観光は、いわゆる「物見遊山」や「気晴らし」といった従来のイメージでは収まりきらないほど大きな変容が起こりつつある。そのうち特に顕著なものとして、①地域志向の高まり (地域文化や固有性へのこだわりなど)、②多様化(あらゆるものが観光対象になったり、学習や体験が求められるなど)、の2点をあげることができる(2)。 従来からの観光地はもとより、観光を視野に入れてまちづくりを進めている多くの地域において、こうした変化に対応することが課題となっている。そこで、その方策のひとつとして、「地域に密着した活動を行い、様々な資料や専門的なノウハウを持つ図書館を観光に活用する」というプランを想定することができる。 一方、日本の図書館もいろいろな課題を抱えているが、前述したプランを「観光に関連した活動を行うことにより、地域の活性化に貢献する」という観点からとらえてみると、①新たなサービスの創出と利用者の開拓、②情報の受発信や交流を通しての地域貢献、という点について効果が期待できる。 こうした発想をふまえると、図書館と観光の融合は、両者それぞれが抱えている課題を互いにある程度解決に導く可能性を持ち、図書館にも観光者にも、そして地域にもメリットのある試みだと考えられるのである。. 新たな観光まちづくりの挑戦 資料種別: 図書 責任表示: 観光まちづくり研究会編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ぎょうせい,. 新たな観光まちづくりの挑戦 - 観光まちづくり研究会 7 形態: v, 273p ; 21cm 著者名:.

新たな観光まちづくりの挑戦 - 観光まちづくり研究会

email: ulafim@gmail.com - phone:(688) 696-2804 x 2582

ここまでわかる病気の自己診断 - 奈良信雄 - 中国製造業の競争力

-> 投資の神様 - 大原浩
-> 本と装幀 - 田中薫

新たな観光まちづくりの挑戦 - 観光まちづくり研究会 - トラヴィス ジェシカ ラブソングが消えぬ間に


Sitemap 1

注釈行政手続法 - 南博方 - イシグロ もうひとつの丘へ SWITCH